ホーム
じゃぱり書庫 | 物語考察と感想文
キャンセル

ポーカーのトーナメントに初参加したときのことを物語ってみる

私は最近、ポーカーにハマっている。 日本で一般的にポーカーといえば 5 枚もらって何枚か交換して勝負するタイプのポーカーだと思うが、私がハマっているのはテキサス・ホールデムという、手札 2 枚と全員共通のカード 5 枚を組み合わせて勝負するものだ。 先日、友人に連れられて初めてポーカーのトーナメントに参加した。私にとってあれは、まさに多くの人に伝えたい冒険だった。 ヒーローズ・ジャーニー...

まちカドまぞく考察: ヒーローズ・ジャーニーを用いた2丁目6話までのより詳細な分析

「ライターズジャーニー」を半分くらいまで読めたので、まちカドまぞく 2 丁目前半について以前より詳細な分析をしていこう。 前回の考察はこちら。 注意 冗長さを省くためほとんどの文章を言い切りの形にしているが、実際にはこれらはすべて、私の推測にすぎない。 この考察が真実であるというつもりもないし、他の考え方に異を唱えるつもりもない。 この記事にはまちカドまぞく3...

MBTIとエニアグラム

最近、友人が MBTI っていう性格診断にハマっている。性格が ENFP みたいな 4 文字のアルファベットで表されるやつと言えば、もしかしたらやったことがあるという人もいるかもしれない。 自分もオンラインで診断してくれるやつをやったのだけど、結構当たっているように思えてしまった。 正直バーナム効果とかでしょという感も否めないが、キャラクターのアーキタイプ分析みたいな感じで活用する分には...

「ライターズジャーニー」における英雄の旅の構造を用いたまちカドまぞく3巻(2丁目)分析

まちカドまぞく 3 巻(=アニメ 2 丁目 1-6 話)をライターズジャーニーの構造で分析してみる。 この記事にはまちカドまぞく3巻およびまちカドまぞく2丁目6話までのネタバレを含みます。 参考文献 作家の旅路 ライターズ・ジャーニー: 神話の法則で読み解く物語の構造 クリストファー ボグラー 著、府川由美恵 訳 フィルムアート社, 2022 ライターズジャーニーに...

サイトを作ってみました

じゃぱりです。GitHub Pages を使ってサイトを作ってみました。 よろしくお願いします! なぜ? 感想文とかを書きたいなあと思ったときに、いい場所が無かったからです。 これまで note にちょくちょく書いてはいたのですが、note だとちょっと目立ちすぎる気がするのと(もっと雑に中途半端な記事を置いておける感じにしたい)、 markdown で書くのが一番見た目とか気にせずス...